車検代行って何?コストパフォーマンスを考えて選択

車検代行とは一体何か

車検を受けるときにはディーラーや専門店、ガソリンスタンドなどに依頼するのが標準的な方法です。整備工場やカー用品店でも車検を行っていますが、基本的には業者に依頼するという形が選ばれています。しかし、別の方法として知られているのが車検代行であり、これも業者に依頼するという意味では同じように見えるかもしれません。車検代行とはユーザー車検を本人の代わりに受けてくるものです。車検は業者を通さなくても車検場に自分で車を持って行って受けることができます。それを代行してくれるのがユーザー車検の特徴であり、それ以外には何もしてくれないのが原則です。代行料が業者に車検を依頼するのに比べると安いことから、自分の車は車検に通る状態だというときにはコストパフォーマンスが高い方法でしょう。

整備については代行しないのが原則

ユーザー車検は自分で車を持ち込んで、車検のボーダーラインを越えている車かどうかの審査を受ける手続きです。そのため、この過程の中で整備をしてもらうタイミングはなく、持ち込んだ時点で車検を通る車でなければなりません。車検代行を依頼したときにも同様であり、基本的に行ってくれるのは車検を受けることであって、整備については行ってくれないでしょう。もし車検を通らない車だとわかったら、そのまま引き渡されてしまうことになります。この点に留意して利用してこそ意味があるのが車検代行であり、必要があれば自分で適切な整備を行った上で車を預けることが重要です。

車検とは、新車だと5年、中古車だと3年ごとに行われる車の点検です。これを行うことによって、車に安心して乗ることができます。金額は、軽自動車や乗用車などによって異なってきます。