知らなきゃ損!?意外と簡単に済むユーザー車検

ユーザー車検で格安で車検を通す

自動車を所有していれば必ず数年に一度おとずれる車検ですが、多くの方は最寄の自動車ディーラーや中古車販売店等に持ち込んでいるのではないでしょうか。普通自動車であれば車検に要する費用はだいたい10万円程度が相場とされており、外車や少し昔の古い車種であれば20万円30万円というのもざらです。そんな車検ですが、実際にどのような費用がかかっているのか実は理解している方は少ないのではないでしょうか。車検費用は具体的には、自動車重量税・自賠責保険料・受験手数料・整備費用の4つで構成されています。車検費用で最も差が出るポイントはもちろん整備費用です。前述の外車や高級車や古い車種はこの整備費用がかなり高額となっているのです。

整備費用を抑えるにはユーザー車検がおすすめ

現在の自動車はメンテナンスフリー化がすすみ、かなり故障の度合いが落ちています。これを踏まえて、自分で整備する必要性も低下していますので、車検を自分で受けてしまえばいい訳です。自分で車検を受ける制度はユーザー車検制度と呼ばれ、最寄の陸運局で利用する事ができます。これによってかなり高額になりがちな整備費用を0にする事ができます。
例えば新車から10年を経過した軽自動車の場合、自動車税が6600円で自賠責保険料が約25000円で受験手数料が1400円ですので、何と約32400円で車検を受ける事ができます。車検とは自動車検査の事なので、もちろんこの検査に合格する事が前提となります。
原価で車検を受ける事ができるユーザー車検は、誰でも簡単に車検を受ける制度が整っていますので、車検費用を抑えたい方は一度利用してみてはいかがでしょうか。

広島の車検はとにかく安い料金に設定されています。広島では、工賃が安い傾向にありますので、総合的な料金はかなり安いです。