お得感が違う!ユーザー車検で安価に済まそう

ユーザー車検は自分で行うもの

ディーラーや車検専門店を利用して車検を行うのが定番ですが、ある程度費用が必要といえます。サービスによっては10万円以上の金額がかかる場合もあるので、なるべく安価に済ませたいならユーザー車検がおすすめです。これは法定24点検を専門の業者に任せて、その他の作業は全て自分で行うサービスとなっています。

メリットとして代行手数料やテスター調整費用といったものが発生しないです。また過剰整備の心配もないため、安心して利用できるサービスといえるでしょう。自動車の知識がある程度必要になるので誰でも利用できるものではないです。

しかし少し勉強をすればスムーズに済ませらます。

必要になる書類がある

具体的にどのような事をすればよいのかというと書類の作成と検査を行います。検査する時は運輸支局に自分で予約を入れて、そこまで出向いてくい必要があるのです。運輸支局の中には陸運協会と呼ばれる建物があるので、必要になる書類を持っていきましょう。

必要になる書類は車検証と納税証明書、そして自賠責保険証です。1つでも欠けていれば車検に通過できないので注意しておきます。他に車両を所持している人の印鑑も必要なので、忘れずにチェックしておくと良いです。

定期点検整備記録簿は車検の状況や検査前の結果が記載しますが、これは車に備え付けてく書類となっています。紛失している方は自動車を購入したディーラーやメーカーに問い合わせをして再発行してもらう必要があるのです。

車検の料金は、車種によって厳格に定められていますが、手数料の安い代行業者を選ぶことで、費用を少し節約することもできます。