どうやったら高く売れる?動作確認は必須作業!

動きをチェックして査定してもらう

必要だと思って買ったものでも、必要なくなれば自分にとっては価値がありません。通常なら捨てるのでしょうが、人によっては価値があると思ってくれるかもしれません。中古の市場がある商品であれば買い取ってもらえる可能性があります。趣味の商品として知られる鉄道模型ですが、中古市場が充実しているので、必要ないなら買い取ってもらいましょう。基本的には、実際に線路において動くかどうかになります。動かなければ、買い取ってもらえないか、査定額もかなり落ちます。また、動作が鈍い時も査定が落ちます。車輪に汚れが付くと電流が流れにくくなり、動作しにくくなります。掃除をしておけば電流の流れもスムーズになり、きっちり走ってくれます。

ケースや付属品があれば査定は上がる

ブランド物などを買ったとき、ケースや袋は置いておくと良いといわれます。買い取ってもらうとき、それらがあると査定額がぐんと上がるからです。電化製品やスマホなども同様で、買ったときと同じケースがあれば高く買い取ってもらえます。鉄道模型も、通常購入するときはケースに入れられているはずです。一応動いてきれいであれば買取はしてくれます。でもケースのあるなしはそれなりに査定に響きます。鉄道模型は、ケースに入れて保存をするでしょうから、無くす人ははあまりいないでしょう。その他付属品があると査定アップになります。シールなどが付きますが、不要分でも残しておきましょう。それがあるとプラスアルファーしてもらえるかもしれません。

鉄道模型の買取は需要がアップしています。技術の発達により、精巧な鉄道模型がどんどん増えてきているからです。